事故歴の有無は重要な確認事項

エンジンに事故の影響があるとき

中古車を探していると良くあるのが同じように見えて価格が異なるときでしょう。同じ車種で年式も同じ、さらに走行距離もほとんど変わらず見た目も変わらないのに一定の価格差があります。価格差があるときは何らかの理由があるのでそれを知った上で購入する必要があります。もし相場よりも低く設定されているときは事故歴がある可能性があり、事故の影響によっては買うのはやめておいた方が良いでしょう。自動車の心臓ともいえるエンジン回りに事故の影響が残っていると将来も故障が出るかもしれずそのたびに修理費用がかかります。安く買えるからと安易に安い方を選ぶのではなく安心して乗り続けられる方を選ぶようにしましょう。事故歴に関しては販売店に聞けばきちんと教えてもらえます。

品質に影響が少ない事故の跡

中古車が販売用として並べられる時はきちんとクリーニングなどを行ってピカピカの状態にしています。もし事故歴があって故障していたのであればそれらの修理もしていますし、ちょっとした塗装の剥げやへこみなどもきちんと直した状態で店頭に並べられます。それぞれの車の情報の中には事故歴が書かれているときがあり、どの部分を修理したとかどんな状態になっているかの情報があります。事故歴の中には自動車の品質その物に影響しないものもあるので、それを知っておくと割安な車を探せるかもしれません。事故歴があるとどんな小さなものでも全く事故歴がないものに比べると価格が下げられやすくなります。バンパーに軽く接触した程度の事故であれば問題は少ないでしょう。